【バンコク・ナイトスポット・レポ】フクロウ・ナイトマーケット



はじめに


バンコクと言えば、というかタイと言えば、その名物の1つに

ナイトマーケットが挙げられます。

有名どころでは、アジアティーク・ザ・リバーフロントラチャダー鉄道市場など、

バンコクを訪れた方なら一度は訪問した事があるのではないかと思うのですが、

毎日が夏祭りといった雰囲気の、その解放感と楽しさは

これぞタイって気持ちにさせてくれます。

本日は、そういったナイトマーケットの中でも、

前述したような、有名どころのご紹介は、別の機会に譲るとして、

まったくのローカルマーケットをご紹介したいと思います


フクロウ・ナイトマーケット Owl Night Market  最終訪問日・2019・11.16


その名は、フクロウ・ナイトマーケット( Owl Night Market )

中心部から行くのには、ちょいと時間がかかりますが、

その分、プチ・トリップ気分は味わえます


アクセス・立地


Screenshot_20200914-174747021_1_convert_20200915023209.jpg
↑ 地下鉄路線図

まず最初に目指すのは、左上に示した地下鉄タオプーン駅

行き方はいろいろあるけど、乗り換えなしで迷わないという事で、

私は地下鉄スクンビット駅からブルーラインに乗っていきました。

タオプーン駅で降りたら、今度はタオプーンを始発とする、パープルラインに乗り換え

7つ先のイエクノンタブリー1駅を目指します。

(地図上表記とは読み方違いますが、どちらでも構いません)

Screenshot_20200914-193824224_1_convert_20200914194319.jpg
↑ パープルライン路線図

Screenshot_20200914-192013073_convert_20200914194741.jpg
↑ イエクノンタブリー1駅

まだ、できたばかりなので、すべてがピカピカです。

Screenshot_20200914-191652445_convert_20200914195011.jpg
↑ フクロウナイトマーケット

高架になった駅から北側を見れば、会場を見る事ができます。


特徴


ここのナイトマーケットの特徴は、なんといっても、バンコク近郊にありながら

すべてが、どローカルという事。

外国人観光客はほぼ皆無で、客層のほとんどがタイ人カップルか家族連れ。

もちろん、面倒な大陸人もいません(これ、重要!)

英語の看板も少なく、メニューなんか全然わからない事もあります。

でも、うれしい事にプライスもローカルなので、とてもお値打ちです。

なので、いかにも観光地という雰囲気よりも、本当のタイっぽさを味わうには

最高の場所ではないかと思うのです。

まあ、買い物に行くというよりは、タイのローカルの雰囲気に浸りながら

食べ歩きをする、そんな楽しみ方が一番なのでは思います。

有名どころもいいけど、こんなところも素敵だと思いますので、

是非、一度訪れてみてください。

Screenshot_20200915-000533396_convert_20200915001306.jpg
↑ タイ名物回転ムーガタ

好きな具材を取って、鍋で煮込みます

Screenshot_20200915-000708719_convert_20200915001528.jpg
↑ ラーメンに入れる具材も回ってます

Screenshot_20200915-000612466_convert_20200915001714.jpg
↑ お好みのカップを指差しすると、ミキサーに入れてジュースにしてくれます。

フルーツが一般的だけど、ゼリーや、清涼飲料水のミックスとは・・・

Screenshot_20200915-000850190_convert_20200915002000.jpg
↑ インスタ映えはいいけど、食べるのにはいかにも甘そうですね


Information


■Owl Night Market  フクロウ・ナイトマーケット

住所  :14/87 Tambon Bang Kraso, Mueang Nonthaburi District, Nonthaburi 

営業時間:15:00~24:00  無休

※訪問時は必ず最新の情報を確認願います


最後に


拙い動画ですが、私が昨年訪問時に撮ったものです。

よろしければ、ご覧になって雰囲気を味わっていただければと思います。


↑ Owl Night Market


本日のエンディングテーマ


本日のエンディングテーマは、タイと台湾のハーフであるワーワーと、

タイと中国のハーフのベルからなるタイの2人組ダンスユニット、

China Dolls の大ヒット曲、Oh Oh Oh をお送りしたいと思います。

タイのダンスユニットでありながら、中国語で歌われるこのナンバーは、

なんとも摩訶不思議な雰囲気ではありますが、一度聴いたら忘れられないそのサビで、

本国タイのみならず、中国でも爆発的な大ヒットとなりました。

本日はこのナンバーと、おまけとして、またか!と言われそうですが、

この曲をフューチャーしたZUMBAのメドレーもお送りしたいと思います。

ZUMBAの方は、メドレーのオープニングナンバーの Waitin' For Saturday と、

このナンバーの始まる10分28秒からラストナンバーの Tiny Bubbles にかけては

私の超絶好きなナンバーになりますので、是非楽しんでみてください。

それでは、また!


↑ Oh Oh Oh - China Dolls


↑ Retro Medley Remix | Retro Dance | Remix Retro | Simple Dance Crew



※広告・格安海外旅行なら↓
 
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 
pleasantasiantravel
Posted bypleasantasiantravel

Comments 0

There are no comments yet.